記事

宇宙関連は、大きく伸びてくるか

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんにちは。

うじゃまねです。

宇宙関連事業が世界的に注目されています。

その中でこのところ、米国市場で急伸している銘柄があります。

ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングスという銘柄です。

ティッカーシンボル:SPCE

ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングスは米国の航空宇宙事業持株会社。子会社を通じ、民間の個人や研究者のための有人宇宙飛行の商業化を目指す。数分間にわたる無重力体験と宇宙から見た地球の景観を含む特別な体験を顧客に提供するため、宇宙飛行システムの開発に注力する。本社所在地はニューメキシコ州ラスクルーセス。

引用:ヤフーファイナンス

株価チャート

今年2月ごろの高値に迫っています。

今後、株価の伸びがどれくらいになるのか気になる銘柄です。

宇宙関連事業は、これから発展する

宇宙関連事業は、いまだに開発されていないブルーオーシャンといわれています。

今最も注目されています。

世界の大手IT企業は、宇宙空間を現在のインターネット環境の延長線上のように考えて宇宙にまでネット環境を張り巡らせて

通信環境を激変させようと考えています。

これからの通信環境の変化は、私たちの日常も変えていくことになります。

通信手段は、年々進化しています。

現在では、スマホを持つことがほとんど当たり前となっています。

つまり、通信環境の進化によって生活で使うツールが変わってきているということです。

通信環境の変化のみならず、これから衛星を打ち上げたり、宇宙旅行が簡単にできるようになってくると思います。

-記事

© 2022 うじゃまね