株式市場

2021年4月21日の米国市場

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。

うじゃまねです。

4月21日の米国市場は、どうでしたか?

前営業日の終値よりダウ工業30種平均は、プラス$316.01のプラス0.93%です。

ナスダックは、プラス1.19%です。

米国株式市場は、3日ぶりの上昇となりました。

さて、このブログを読んでくださっているあなた、何の銘柄を買いましたか?もしくは何の銘柄を売りましたか?

さあ、それでは出来高や値上がり、値下がりなどを見ていきましょう。

今日の出来高チェック

今日は、テスラの終値は、前営業日より上げ、ネットフリックスが7%超えの下落となりました。

コインベース(COIN)も下落です。

アップル、アマゾン、マイクロソフト、エヌビディアは上昇しています。

トップ値上がり銘柄

値上がり銘柄の中でワクチン銘柄のモデルナは、株価が乱高下しますね。

今年一年を通してこのような形がつづくのかもしれません。

ある程度、株価チャートの傾向を分析して売り買いしてみるのもいいかもしれませんね。

トップ値下がり銘柄

ネットフリックスが7%超えの下落しています。

どうやら新規加入者が減少傾向になりつつあるようです。そういった成長関連の鈍化傾向にあることが嫌気されたようです。

まとめ

今回の米国市場については、上昇傾向であり良かったと思います。

ここ数日の下落していたので買いが入ったようですね。

また数日間で下落と上昇を繰り返すのでしょう。

しかし、米国は、経済活動再開に向けて着々と進んでいます。

これからも力強い株価指数になっていくでしょう。

それでは、つぎの米国市場を楽しみに待ちましょう。

いずれの情報も2021年4月21日時点のものです。

※何度もいいますが株式投資は、自己責任でお願いいたします。

読んでいただきありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

-株式市場

© 2022 うじゃまね