記事

2021年5月31日、朝。東京五輪開催の懸念強く。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

おはようございます。

うじゃまねです。

東京五輪・パラリンピックの開催に向けてついに海外メディアからも懸念が強まるという状態になってきました。

たしかに日本のワクチン接種状況でこのまま、海外選手団の受け入れや海外メディアの受け入れを行っていくと新型コロナウイルスの流行が爆発的に増えるかもしれないということや感染者の受け入れ体制がそのときに一気に崩れてしまうなど様々な理由があると思います。

救える命も救えなくなるといったことにもなりかねないということでしょう。

そんな中、大会運営ディレクターの日当が35万円で高額ではないかなどオリンピックだからということでいろんなことが指摘される材料となっています。

このような状況で大会出場を目指さなければならない選手たちがとても毎日がつらい状況であると思います。

日本のみならず、各国の選手も同様であると思います。

出場する選手には、ワクチン接種を受けれるようにワクチンを確保といったニュースもありましたが果たしてワクチン接種をするでしょうか。

ワクチン接種をしたときの腕の痛みや頭痛、高熱といった副反応がでることがわかってきています。

スポーツをする選手からするとそういった副反応がでることがわかっていてワクチン接種をするのはなかなか勇気がいるのではないでしょうか。

ワクチン接種をしたために本来のパフォーマンスが出ずに良い結果にならなかったということも考えてしまうかもしれません。

なんにしても開催するのかどうなのかはっきりとするまでにもう少し時間がかかりそうです。

今日も一日、元気に過ごしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いいたします。

-記事

© 2022 うじゃまね