投資のワンポイント

毎月配当をもらう方法

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

米国株であれば年4回、四半期(3ヶ月)ごと配当金をもらうことができます。つまり、3ヶ月ごとのポートフォリオを作れば毎月配当金をもらえるのです。

毎月配当金が入ればちょっとうれしくなりますね。

投資するモチベーションアップ、配当金によって使えるお金が少し増えるんじゃないでしょうか。

つまり、配当金をもらえるということは、いいことですね。

配当月について

配当月が1月・4月・7月・10月の銘柄

銘柄名ティッカー業種
メルクMRK医薬品
JPモルガン・チェースJPM銀行
アルトリア・グループMOタバコ

配当月が2月・5月・8月・11月の銘柄

銘柄名ティッカー業種
AT&TT通信
ベライゾン・コミュニケーションズVZ通信
シェブロンCVX石油

配当月が3月・6月・9月・12月の銘柄

銘柄名ティッカー業種
エクソン・モービルXOM石油
IBMIBMコンピューター
ファイザーPFE医薬品

配当金をもらうタイミング

このように調べてみると企業ごとに配当月がまちまちですね。

こういった個別銘柄を3か月ごとのグループから1銘柄ずつ選んで株を購入しておけば毎月配当金が入ってきますね。

  • 配当月が1月・4月・7月・10月の銘柄:JPモルガン・チェース(JPM)
  • 配当月が2月・5月・8月・11月の銘柄:ベライゾン・コミュニケーション(VZ)
  • 配当月が3月・6月・9月・12月の銘柄:エクソン・モービル(XOM)

で株を購入したとします。

月ごとに配当月をそれぞれ並べてみました。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
JPMVZXOMJPMVZXOMJPMVZXOMJPMVZXOM

このような感じになります。四半期ごとの配当月の銘柄をかうことでかわるがわる配当金を受け取ることができるのがよくわかりますね。

今回紹介した銘柄は、ごく一部ですのでいろいろと自分で調べてみるととても面白いですよ。

配当月をしらべるのであればいっしょに権利確定月、配当利回りもあわせて調べることを強くオススメします。

投資するならすこしでもお得にたのしみながらできるといいですね。

今日も読んでいただきありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

-投資のワンポイント

© 2022 うじゃまね