投資のワンポイント

投資におけるとても大切で必要なもの。投資とはどういったものなのか。

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

こんばんは。

うじゃまねです。

投資をはじめてここのところ、自分なりに気づいたことについてまとめてみたいと思います。

投資に必要なもの

  • 投資するお金
  • 投資している時間
  • 投資する銘柄の研究
  • 投資する市場状況の把握、経済的な情報収集

大まかにあげると以上のことがすっとあがると思います。

投資するお金

まず、投資するためにはお金が必要です。

株取引には、お金を証券口座に入金して購入します。

株取引に必要なお金については、購入する人が購入する銘柄によって随分と変わってきます。

1株あたり10万円もする銘柄もあれば5000円の銘柄もあります。

株価が高ければ必ず株価が上昇すると決まっているわけではありません。

しかし、株価が高いということは、投資をする人たちからすると人気がある銘柄なので株価が高いのです。

つまり、株価の高い銘柄は基本的に人気があり、その銘柄の企業が今後成長・発展していくという思惑が織り込まれているのです。

投資をはじめて株価が高い銘柄であれば株価が上昇すると思い、全財産を投資に使うというようなことはやめておきましょう。

例えば株価が高い銘柄に全力で投資した直後、コロナウイルスの大流行による経済活動の停滞などのタイミングに巻き込まれたらどうなるか。

経済活動が停滞するということは企業の衰退をあらわします。つまり、株価の上昇が見込めないとなると株を保有していても何のメリットもないわけです。

そうなると株価は、どうなるかというと一斉に売られ始めます。

売られはじめるとどうなるかというと株価がものすごいスピードで下落します。

100万円の銘柄が20万円まで下落ということもありえます。一斉に売られることで株が余るというような状況です。

野菜でもそうですよね。不作の年は、野菜の値段が高く豊作の年は、値段が安くなりますよね。需要と供給のバランスによって株価は大きく変動をします。

株に投資するお金は、生活に必要なお金が余った分で行うことがよいと言われています。

株価が上昇して利益がでることばかり想像することを優先することがないようにしましょう。

投資している時間

つぎに投資には時間が必要です。

株を購入したとします。

その購入した株が翌日に2倍になることはありません。

少なくとも数か月は必要です。

日本株にしても米国株にしても短時間における異常な下落・上昇には株の取引きが停止されるような仕組みがあります。

つまり、買ったからといって急激な株価上昇があっても2倍、3倍というような株価までには届きません。

こちら株価のチャートを見て下さい。

このゲームストップ(ティッカーシンボル:GME)という銘柄ですが2021年1月28日に1株$480.02という株価になりました。

これは、ロビンフッドというアプリで株取引を行っている一部の人たちがインターネットの掲示板のようなものへ株価を押し上げるように呼び掛けたことが発端で急激な株価上昇するという現象が起きました。

それまで1株あたり$40で売買されていた銘柄が一気に10倍まで上昇したのです。

もちろんこの株価上昇は、問題となり様々な影響を及ぼしました。

つまり、正常な株価の上昇を見込むのであればある程度の時間がかかるということです。それが1年なのか5年なのかそれはだれにもわからないことです。

投資する銘柄の研究

投資するときは、自分が購入する銘柄について何か情報を探して研究するということが必要になります。

銘柄の財務状況を読んでわかるということであればその情報をみて今後の動向を予想してもいいです。

YouTubeの動画で検索すれば「今年、株価が急騰するのはこの銘柄」とかいう感じで容易に検索できます。

そのほかのSNSでも情報を得ることはできます。

情報を得て購入するということは簡単です。だから投資について人気のあるYouTubeの動画であれば再生回数などが非常に多くなっていると思います。

しかし、投資は、自己責任です。

誰かがオススメしていたとかいうだけで株価が上昇すればみんなお金持ちです。

インフルエンサーたちの発信している情報は、自分にとって決断する情報ではなく、あくまで参考情報にするくらいにしましょう。

米国市場では、数多くの銘柄が存在します。自分一人でお気に入りの銘柄を見つけることは容易ではありません。

ですからインフルエンサーたちが紹介している銘柄を参考にして自分なりに自分が購入したい銘柄を探してみるという研究が必要であると思います。

それをしておかないと誰かがオススメしたらそういう銘柄ばかりを購入していくようになってしまい、キリがないです。

また、自分で研究した銘柄じゃないので株価が下がったところでなんで下がったのかということも考えませんので同じ失敗を繰り返しやすいのです。

投資する市場状況の把握、経済的な情報収集

投資する市場状況の把握や経済的な情報収集ということがとても大切になります。

米国市場のダウ工業株30種とは、主要業種の代表的な30の優良銘柄で構成される平均株価指数をいいます。

また、ナスダック総合指数(NASDAQ総合指数)は、アメリカ合衆国のNASDAQに上場する、米国および米国外の全上場銘柄で構成される時価総額加重平均指数のことをいうように市場における情報が様々にあります。

その市場全体がどのような流れになっているのかまた、どんな感じになっていくのかというようなことも気にしながら株価について情報を集めていく必要があるでしょう。

そのほかにも経済的な情報収集をしていくことも重要です。

例えば現在の米国のコロナウイルスのワクチン接種率がかなり高くなっています。

今まで外出を控えていた生活から屋外に徐々に出れるようになっていくという段階にあります。

そうなってくるとコロナウイルスの影響でリモートワーク関連銘柄の株価が上昇していたものが外出して経済活動が活発になったときに人々から需要がある銘柄が上昇してくることが予想されるというものです。

つまり、旅行やホテル、人々が集まって食べたり遊べたりするような場所に関連する銘柄の株価上昇が期待されます。

ほかにもバイデン大統領は、環境に配慮する方針を打ち出しています。

今後、石油などの燃料ではなく、電気をつかったクリーンエネルギーへシフトしていうことになります。

となれば電気自動車やそういった部品に関連する銘柄の株価上昇が期待されるわけです。

株価というものは、ある程度まで上昇するとそれ以上は、人々の思惑が入り込んだものになってきます。

業績がそれほど良くなくてもその企業の持っている技術が今後スポットライトを浴びるようなものであればおのずと株価が上昇しつづけるでしょう。

つまり、想像で株価が決まる部分も少なからずあるということです。

まとめ

今回、投資に必要なことについていくつか書いてみました。

この内容は、あくまで自分が投資をしてみて感じていることであり、この内容がすべてというわけではありません。

人によって感じ方が違いますのであくまで投資について悩んでいる方の参考に少しでもなればと思います。

投資は、自己責任ですので一気に儲けようとせず、地道に楽しみながら投資をおこなっていきませんか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いいたします。

-投資のワンポイント

© 2022 うじゃまね