雑記

収入をあげるためにやるべきこと。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんばんは。

うじゃまねです。

収入を上げたいと思っていてもなかなか収入が上がらない現実がありませんか。

会社に勤めているのであれば給料があがればいいなと考えませんか。

私は、給料がなかなか上がらない理由は、会社にある場合もありますが自分にもあると考えます。

自分の置かれている環境のせいにする前にまずは、自分に原因があると考えてみましょう。

自分がしている仕事は、だれでもできる

自分がしている仕事のつらさ、しんどさっていうものは、本人にしかわかりませんよね。

この仕事が止まったらだれかに迷惑をかけるというように考えるでしょう。

そのとおりです。

迷惑がかかるので会社の仕事は、止めるわけにいかないので別の人が担当するようになります。

つまり、会社は完全に分業しているのです。

それぞれの仕事に専門家として様々な人が働いているわけです。

自分がしている仕事を代わりにする人たちは、たくさんいるということに気づきましょう。

自分しかできないと思う視野の狭さに気づく必要があります。

そう考えると様々な仕事をいろんな人がしているわけですから自分だけに給料が上がるような評価がされるわけがないのです。

他の人より特別な経験しよう。

仕事は、基本的にだれでもできるということを述べました。

では、どうすれば評価されるときに他の人と差がつけれるのでしょうか。

みなさんは、どうお考えになりますか。

私なら様々な分野の仕事をしてみるか1つの分野を専門的に深く仕事をしてみるかのどちらかであると思います。

特に求められる人材というのは、様々な分野を経験している人であると思います。

様々なことを経験していればある程度、対応できる範囲が広くなるからです。そういった人が会社には、好まれると思います。

広く浅くではなく、広くある程度深くくらいがいいと思います。

また、1つの分野でも専門的に深く仕事をしている人です。

専門分野においては、誰にも負けないくらいになることです。

そういった人は、会社に必要不可欠ですから評価が低くなることはないでしょう。

コミュニケーションをとることが大切。

様々な分野を経験するか専門的な分野を経験するかは、会社の方針などによるものですが共通して必要なものは、コミュニケーションです。

仕事というのは、自分だけでするものではありません。

つまり、自分がしている仕事以外は、ほかの人が仕事してくれているのです。

そういうことに気がつければきちんと相手に気持ちを伝えたり、相手の話を聞いたりできます。

自分のことだけを考えていると言わなくてはならないことも後回しにしてしまうでしょう。

相手から自分のことを理解してもらうということには、コミュニケーションが必ず大切なことです。

状況の把握も大切

自分だけの仕事で毎日大変であると思いますが少し、周りを見渡すとほかの人も同じ状況です。

そこで相手の仕事を手伝うことができるように考えれますか。

中々、難しいことかもしれませんが自分のことだけ完璧にしていればいいという考え方では、管理していく側になっていくのは難しいかもしれませんね。

少しでも自分以外の人がしている仕事を手伝ってみることができるようになると自分ができることが増えるのでいいことだと思います。

給料が上がる人は、評価されている

基本的に給料が上がって収入が増える人は、会社にとって必要であると評価されている証拠です。

いつか自分もそうなれるようにひたすら仕事をしていくしかありません。

それは大変なことですし、時間もかかることです。

しかし、そうやって続けていける人もいるもの事実です。

会社の給料は、簡単に増えるということがないということです。

努力しつづけた結果ということではないでしょうか。

それでは、明日もがんばりましょう。

未経験者にもわかりやすい!【投資の達人講座】

-雑記

© 2022 うじゃまね