記事

儲けるってなんですか。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

株の売買で儲けを出してみたい。

さっそく、取引履歴から見ていきましょう。

まずは、1つめです。

約定日銘柄取引
売買
数量
単価(円)
手数料(円)
税金(円)
受渡金額
(円)
2019/12/16REVOLUTION
8894
買付200株
46.0
50
5
9,255
2020/02/07REVOLUTION
8894
売付200株
40.0
50
5
7,945

2019年12月に購入、2020年2月に売却。

約定日銘柄取引数量
売却/決済単価(円)
売却/決済額
(円)
平均取得価格
(円)
実現損益
2020/02/07原弘産
8894
売付200株
40.0
7,94547.00-1,455
利益金額合計0円損失金額合計-1,455円実現損益合計-1,455円

見てのとおり、見事に1455円の損失を出しました。

つぎに2つめの取引履歴です。

約定日銘柄取引
売買
数量
単価(円)
手数料(円)
税金(円)
受渡金額
(円)
2019/12/17プロスペクト
3528
買付100株
29.9
50
5
3,045
2020/01/27プロスペクト
3528
買付100株
36.1
50
5
3,665
2020/01/28プロスペクト
3528
買付600株
34.8
50
5
20,935
2020/02/21プロスペクト
3528
売付800株
28.0
50
5
22,345

2019年12月、2020年1月にそれぞれ購入し、2020年2月に売却。

約定日銘柄取引数量
売却/決済単価(円)
売却/決済額
(円)
平均取得価格
(円)
実現損益
2020/02/21プロスペクト
3528
売付100株
28.0
2,79335.00-706
2020/02/21プロスペクト
3528
売付100
28.0
2,79335.00-706
2020/02/21プロスペクト
3528
売付600
28.0
16,75935.00-4,243
利益金額合計0円損失金額合計-5,655円実現損益合計-5,655円

こちらも見事に5655円の損失を出しました。株式投資の損失は、金額の大小に限らずとてもショックです。

売った後の株価チャートについて

売った後の銘柄に対して名残惜しさはないのですがその後、どのように株価がなったのかを見てみましょう。

1つめの株価チャートはこちらです。

1つめの株取引きをした銘柄は、2月くらいから徐々に下落していきましたが7月くらいに株価が上がりまた下落しているようです。

次に2つめの株取引きをした銘柄についてです。

2020年2月21日に1株あたり28円だったときに売ったわけですが2020年11月には1株あたり37円になっているようです。

どうやら7月くらいには、1株あたり45円くらいまで上がっているようです。

今回の売買に関してのまとめ

どちらもコロナウイルスによって急落した相場を目の当たりにしてかなりあせって売却したしまったように思います。

株の取引きは、購入するタイミングが重要ですが売り時はもっと重要でむずかしいものだと感じました。

今日も読んでいただきありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

-記事

© 2022 うじゃまね