記事

クリスマスあたりかそれ以上となるか。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。

うじゃまねです。

米国株が絶好調、好調を繰り返している今日この頃です。

コロナウイルスのワクチン接種を開始した国も出始めました。

しかしながら依然としてコロナウイルスの猛威をふるっています。

コロナウイルスの影響は、そう簡単におさまりそうにない状況です。

そんな中、今年のクリスマスあたりくらいまで好調か?もしくはもう少し先まで好調か?と銘柄について書きたいと思います。

注目している株

今、注目している株ということで紹介したいと思います。

現時点で個人的な注目株になりますが数銘柄あります。その銘柄は、つぎのとおりです。

  • ズーム(ZM)
  • ユニティー・ソフトウェア(U)
  • オクタ(OKTA)
  • クラウドストライク(CRWD)
  • ゼットスケーラー(ZS)
  • ドキュサイン(DOCU)
  • ペロトン・インタラクティブ(PTON)
  • スクエア(SQ)
  • ロク(ROKU)

テレワークで注目されたあの銘柄

コロナウイルスの影響であまりにもメジャーになりすぎたズーム(ZM)についてです。

ワクチンの承認されたニュースとともに株価がガクンと下がりました。

しかしながら日々、上昇下降を繰り返しているような状態です。10ドル程度の上昇することもあるようです。

クリスマスあたりまでこの上昇・下降をどう捉えていくかのような気がします。

ソフトウェア関連

数あるソストウェア関連で注目している銘柄について

  • ユニティー・ソフトウェア(U)
  • オクタ(OKTA)
  • クラウドストライク(CRWD)
  • ゼットスケーラー(ZS)
  • ドキュサイン(DOCU)

この注目している銘柄よりももっと上昇気配のものもあるでしょう。とりあえず、個人的に注目しているのがこの4つの銘柄です。

いずれも株価上昇していることが多く、購入タイミングではなかなか利益が見込めるかもと思っています。さて、どのくらい伸びていくのでしょうか。

娯楽、業務支援関連

  • ペロトン・インタラクティブ(PTON)
  • スクエア(SQ)
  • ロク(ROKU)

これらの銘柄にも注目しているます。いずれの銘柄もまだまだ株価がのびていきそうな雰囲気がでています。

米国株は、探せば探すほど様々なものがあり、奥が深いと日々感じているところです。

※株式投資は、自己責任でお願いいたします。

読んでいただきありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

-記事

© 2022 うじゃまね