株式市場 雑記

オリンピック開催が近づくにつれて批判が高まっている。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。

うじゃまねです。

ここのところ、新型コロナウイルスの感染再拡大の話題とオリンピック批判の話題ばかりが目立っているように感じます。

新型コロナウイルスの変異株によって各国が感染再拡大の兆しが懸念されています。

ひとまず、ワクチン接種率をまずあげていかなければ感染拡大の抑止できないのではないでしょうか。

日本におけるワクチン接種率は、世界的にみると非常に低いものであり、接種率を上げることが本当に重要な課題です。

そんな中、開催されるオリンピックですがサッカーで日本の対戦相手がコロナウイルスに選手が感染していたというニュースがでています。

これについては、対戦するかどうか検討するという報道もあります。

普通に考えれば対戦しないでしょう。

対戦しないときの措置をどういったものにするのか検討するという報道であるべきです。

オリンピックは、特別。

そういった考えですべてが進んでいくのであれば緊急事態宣言、外出自粛などいままで国民が我慢してきたことは何だったのでしょうか。

感染リスクを踏まえて感染者が発生したときの開催方法を柔軟に変化させていく必要があると思います。

感染したという事実をかえることができないのですからそういった場合、感染拡大させずに開催するということに見方を変えながら大会運営するべきでしょう。

また、オリンピック関係者による不祥事などがどんどんでてきています。

いまのところ、おそらくですがオリンピック開催を好意的に考えている人たちは少ないかもしれません。

いままで頑張ってきた選手たちにとってとてもそれは、悲しいことですが先日、とある競技の選手が有観客開催を求めたところで一気に非難を浴びる始末です。

出場する側と見る側ではあまりにも考え方が違います。

そして見る側のほうが圧倒的に人数が多いわけです。

そういった理解をえることがとても難しい中、オリンピック関係者が飲酒するなどほかにも様々な報道がされています。

関係者の人数もとても多いのですが一人一人が慎重な行動をしていくことが求められているのではないでしょうか。

日本のワクチン接種率がもっと上がれば違った状況であったはずです。

しかし、いまさらそのことを言っても仕方ないのでこれからに向けてワクチン接種ができる人は、積極的に接種するようにしていってはどうでしょうか。

-株式市場, 雑記

© 2022 うじゃまね