記事

アッヴィ(ABBV)、大暴落。すごく売られましたね。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。

うじゃまねです。

こちらの銘柄をもっている方は、9月1日の朝は、オハギャーだったのではないでしょうか。

その銘柄は、アッヴィ(ティッカーシンボル:ABBV)です。

どういった大暴落ぶりだったかというと株価は、こちらです。

はい、ドーン!

提供:tradingview

一時的に$106くらいまで下落していたようです。

9月2日の時点ですこし株価が戻してきているようにもみえますが。

アッヴィとは、どういった企業でしょうか。

アッヴィ(ABBV)について

アッヴィは米国の研究開発型バイオ医薬品企業。主にC型肝炎、神経学、免疫学、腫瘍学、慢性腎疾患および女性の疾患などの分野における医薬品の開発に取り組む。アボット・ラボラトリーズの研究開発医薬品部門の分離独立に伴い2013年度に設立。主力製品はリウマチ性関節炎や乾癬治療薬「ヒュミラ」など。本社はイリノイ州ノース・シカゴ。

引用:ヤフーファイナンス

株価下落した理由

9月1日、FDA(アメリカ食品医薬品局)から関節リウマチ治療薬新薬の「リンヴォック」について最も厳しい、警告文を追加するということが判断されたということが原因のようです。

まとめ

株価は、思惑というか企業が成長していくことが反映されています。

今回のアッヴィの株価下落は、医療系企業が薬品に対して厳しい処置をとられると売り上げに影響する可能性がでてくると予想されたのでしょう。

ここからどのように株価が動いていくか。

気になる銘柄です。

※株式投資は、自己責任です。

※2021年9月2日の時点のものです。

-記事

© 2022 うじゃまね