雑記

【衝撃】あまりの硬さに驚愕。これはとても使いやすい。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんばんは。

うじゃまねです。

最近、資格勉強をしているのですがいまいち頭の中に入ってきているような入っていないようなそんな状態が続いています。

いまから受けようと思っている試験は、かなり暗記する内容が多いです。

もっと効率よく覚えるために書いてばかりだと書くことによる時間経過のほうが多いため、

覚えたい内容を暗記カードのようなものにまとめて作成しようと思いました。

今回は、資格に必要な作業を行うときに使うものを暗記カードみたいに貼り付けて簡単に何回も見直しできるようにしようと思いました。

何回も順番を変えてしっかり覚えれるようにするために。

作ったものは、これからしばらくの間、試験勉強で使う予定ですのできちんと綺麗に作ろうと考えました。

いままで紙と紙を貼り付けるときにスティックのりだとデコボコになりやすいことを思い出しました。

しかし、液状のりにしたところで液状のりを出し過ぎれば結局同じような出来具合になりそうなことはすぐにわかりました。

スティックのりや液状のりをいてついつい強めに塗ってしまい塗った部分がデコボコになるということで

貼り付け面がシワシワになるということです。

今回は、資格試験のために使いたいアイテムをつくるために貼り付けたところがデコボコでシワになるようなことがないようにするため、

このスティックのりを購入してみました。

PiTシワなし スティックのり(メーカー:㈱トンボ鉛筆)

使ってみた感想

まず、驚いたのがスティックのり部分の硬さです。

いままで使ったことがないような硬さでスティックのりの部分が作られています。

そのため、通常のスティックのりよりものりの部分が結構強く押し付けても型崩れしないというものでした。

また、やわらかいスティックのりと違って強めに塗りつけてもムラなく均等に広い範囲を塗ることができます。

逆にいうとのりがたくさんつくというわけではありませんので若干、乾くのがはやいかもしれないなって感じでした。

このスティックのりをつけたらすぐに貼り付けたいものを貼り付けるように準備しておけばいいと思います。

封筒などに宛名シールがないようなときに印刷したものを貼り付けるときなどにとても使いやすいスティックのりであると言えます。

シワなしの仕上がりになる理由は、

スティックのりの芯の部分が通常のものより硬い仕上がりとなっていてのりの付き過ぎがないものと考えれます。

資格試験に必要なものについては、おかげでのりのデコボコが気になることなく、

非常にきれいに仕上げることができ、満足しています。

-雑記

© 2022 うじゃまね