雑記

【新型コロナウイルス】感染が減少傾向になってきても自分にできることを続けよう。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは。

うじゃまねです。

新型コロナウイルスの感染者が減少してきているようです。

とても良いことです。

さらに感染者数が減少していけばいいと思いますが今週末までの緊急事態宣言がさらに延長する可能性もでてきているようです。

延長すればおそらく感染者数がさらに減少を見込めるということです。

感染者数を減少させなくては、今後の生活が成り立たないのもわかりますが今の生活も随分と制限をかけられている生活であると思います。

実際に精神的な部分の負担というものが多く、特に子どもたちの生活環境は、大人たちよりさらに制限がかかっている状況ではないでしょうか。

秋に行われる学校行事など延期になるなどしていくのではないでしょうか。

制限するばかりでそこまで効果を感じているひとたちがいなくなっているように思います。

しかし、コロナウイルスの感染はさらに身近にせまってきています。

ワクチン接種を受ける前に感染すると重症化する可能性もありますのでできるだけ接種を受けたほうがいいと思います。

ワクチン接種については、たしかに効果や副反応などこれから先、どのような症状がでるか判明していません。

そういったリスクを背負いたくないのでワクチン接種をしないという考え方もあるのは、事実です。

ワクチンの副反応なども新型コロナウイルスの感染者数の減少もどちらも待つしかない状況です。

コロナウイルスの感染したとしても必要以上に感染者を追い詰めるようなことがないようにと思います。

なぜなら、いまは、感染力が強くなったデルタ株がいつ自分に感染するかわかりません。

感染者がすべて悪いわけではありません。

感染された方については、一日も早い回復を祈っています。

これからもしばらく新型コロナウイルスとの闘いは、続いていくわけですから自分なりにできることをして過ごしましょう。

-雑記

© 2022 うじゃまね